\今なら初期費用10万円が無料!/ ECサイトの受注業務・カスタマー対応を外注しませんか?

【必読】ネットショップ運営マニュアル~立ち上げから、毎日の業務、売上を伸ばす方法まで徹底解説

ネットショップを運営してみたいけれど、必要な業務、作業が分からずご心配な方へ向けて。一番初めに必要な立ち上げから、売上を伸ばす方法まで、順を追って詳しく解説します。

目次

ネットショップ・ECサイトの運営に必要な業務|立ち上げるには?

まず始めに、ネットショップを立ち上げる際に必要な業務について解説します。すべてを自社で、1人で対応する必要はありません。不安な業務がある場合には、ネットショップ運営の代行業者や、ランサーズなどのクラウドソーシングサービスも活用してサポートを支援しましょう。

ネットショップのシステム導入

楽天市場店やAmazonなどのECモール(プラットフォーム)型を利用してネットショップを始めるのか、Shopify(ショップファイ)やBASEなどの自社カートを利用するのか検討した上で申し込み、必要なシステムを導入します。

機能カスタマイズ

自社のネットショップに必要な機能を検討して、機能をカスタマイズします。

ショップページデザイン制作

ネットショップのTOPページやカテゴリーページ、会社概要ページのデザインを制作します。利用されるシステムにより求められる技術レベルには差があります。通常はデザインテンプレートが用意されていますので、一定レベルのデザインは未経験の方でも作ることができると考えておいて良いでしょう。

商品撮影

必要に応じて商品を撮影して、画像を準備します。自社商品を取り扱われていない場合には、メーカー、卸から画像素材の提供が可能な場合もあります。確認してみて下さい。

商品マスター登録・管理

商品の価格や品番、SKUを登録します。

商品ページデザイン制作

商品ページのデザインを制作します。利用されるシステムにより求められる技術レベルには差があります。通常はデザインテンプレートが用意されていますので、一定レベルのデザイン未経験の方でも作ることができると考えておいて良いでしょう。

在庫マスター登録・管理

商品の在庫数を登録します。

ネットショップ・ECサイトの運営に必要な業務|毎日の業務は?

ネットショップが立ち上がると、いよいよ販売が始まります。最低限やらなければ行けない毎日の業務として、注文の受付から、出荷までの業務を解説します。自社のリソースだけでは足りない場合には、ネットショップ運営の代行業者や、ランサーズなどのクラウドソーシングサービスも活用して顧客に気持ちの良い購入体験を提供して下さい。

注文処理・決済確認

注文に対して、注文確認メールの送付や、クレジットカード決済のオーソリ処理、コンビニ決済の決済確認などを行います。システムにより半自動化されている業務です。細かい設定方法により業務効率に大きな差が出るのも特徴です。

顧客対応(メール・電話対応)

顧客からのメール、電話に対応します。発送日の確認や、注文後のキャンセル、商品に対する質問、不良・交換などの内容が中心となります。メールはなるべく返信テンプレートを充実させて、対応者により品質に差がでないように心がけましょう。電話対応はショップの対応可能な時間帯・曜日のみの対応で問題ありません。電話の件数は電話番号の表記箇所、表記の仕方により大きく差が出ます。あまり対応できない場合には工夫してみて下さい。

帳簿作成

商品に同梱する納品書や領収書などの帳簿を作成します。最近はエコの観点からも物理的な帳簿は同梱せず、電子対応で済ますショップも増えています。その場合にはほとんど手がかかりませんので、非常に楽に済みます。

出荷処理

商品を出荷します。自社出荷の場合には注文商品のピッキングから梱包、配送業者への引き渡しが必要です。外部倉庫を利用されている場合には、倉庫へ出荷情報を連携して、出荷してもらいましょう。倉庫とシステム連携を行い、なるべく効率的に済ませたいですね。

経理処理

経理処理を行います。毎日でなく、週次、月次での対応でも良いでしょう。当然ながら必要な情報はネットショップのシステム側にデータとして蓄積されています。システム毎に特有のデータ形式になりますが慣れてしまえば問題ないでしょう。

ネットショップ・ECサイトの運営に必要な業務|売上を伸ばすためには?

毎日、注文を受けて出荷しているだけでは、当然売上は伸びていきません。ネットショップで成功するために最も重要な、売上を伸ばすための3つのステップについて解説していきます。

ステップ1.ネットショップの現状を正しく理解する

まずは何よりも、現状理解です。下記3つの指標に着目することが重要です。指標は、ネットショップのシステムに標準的に備わっているデータ分析機能を利用することで大体分かります。

アクセス数
ネットショップへのアクセス数

購入率
アクセス数の内、実際に商品を購入される率

客単価
購入時の単価

なぜ重要なのかというと、売上はこの3つの指標の掛け算で決まるからです。

売上 = アクセス数 × 購入率 × 客単価

同じ月商のネットショップでもこの指標は全く異なってきます。例えば月商300万円のネットショップでも、

ショップA 月商300万円 = 10,000アクセス x 5% x 6,000円
ショップB 月商300万円 = 30,000アクセス x 1% x 10,000円
ショップC 月商300万円 = 50,000アクセス x 2% x 3,000円

このように異なります。

それぞれのショップが月商を300万円から500万円に伸ばしたいと考えた場合、やるべきことはショップ毎に異なります。やみくもに色々な対策を行うのでなく、各指標に注目して、どの指標をどこまで伸ばすことで、いくらの売上アップに繋がるのかをしっかりと考え行動することが必要になってきます。

ステップ2.ネットショップの改善余地、課題点を見つける

3つの指標(「アクセス数」「購入率(CVR)」「客単価」)を理解した次のステップでは、どの指標を改善できる余地があるのか、課題となっているのかを見つけます。

方法としては、昨月の数値と比較する方法や、同一ジャンルのネットショップと比較する方法などがあげられます。なかなか自社のネットショップのデータだけを分析していては見つけるのが難しいと感じられるかも知れません。複数のネットショップに携わっているECコンサルタントの会社の知見や、ECメディアの情報も参考に調査してみましょう。

ステップ3.各指標ごとに対策を取ろう!

いよいよ実際の対策に取り組むフェーズとなります。ステップ2で見つけた改善余地や課題点から、また目標とする売上の逆算から、各指標に狙いを定めて対策を行っていきます。

一般的には、下記順番で対策を行い改善していくのが有効とされています。

1)アクセス数
2)購入率(CVR)
3)客単価

これはネットショップ側でコントロールをしやすい指標の順番となっています。アクセス数は広告を利用することである程度コントロール可能ですが、客単価は取り扱い商品ラインナップを変更しなければ大きく変えることは難しいでしょう。

それでは各指標毎に代表的な対策をご紹介していきます。

アクセス数

・SEO対策
・タイムセール
・リスティング広告
・ディスプレイ広告
・アフィリエイト
・SNS
・ブログ
・メールマガジン

この中でも中心となるのは、SEO対策とリスティング広告でしょう。

SEO対策は費用をかけず(作業は必要)実施可能ですが、効果が出るまでに数ヶ月の期間がかかるとされており中長期的な施策となります。

一方のリスティング広告は費用こそかかりますが、実施日当日より直接的な効果を出すことが可能です。

費用のバランス、短期的・中長期的な対策を上手く組み合わせて目標とするアクセス数を目指しましょう。

購入率(CVR)

・価格調整
・商品価値の伝わるページデザイン
・商品FAQの充実
・ショップ内の高い回遊性
・分かりやすいお買い物ガイドライン
・かご落ち防止
・決済手段(コンビニ払い、後払い、AmazonPayなど)の拡充

短期的に、時間を掛けずに効果を出すことが可能なのはやはり価格調整(主に値下げ)でしょう。しかし値下げだけに頼っていては、売上は伸びても利益の出ないネットショップになりかねません。また、値段を下げた分、もう一つの指標である「客単価」は下がります。最悪の場合、「購入率」が高くなった分を「客単価」が打ち消してしまい、売上は変わらずに、利益だけ減ってしまうという可能性もあります。

価格調整は一時的な施策に留め、依存しすぎないように注意しましょう。

理想は、商品価値の伝わるページデザインの作成や、決済手段の拡充などにより、お客様にしっかりと価値を伝え、購入環境を整えてあげることで購入していただけることを目指しましょう。お客様の視点で売れているネットショップのサイト、ページを隈なく見てみると、改善のヒントがたくさん見つかるはずです。

客単価

・クロスセル(合わせ買い)
・アップセル(上位商品への代替)
・セット商品(抱き合わせ販売)
・送料無料ラインの設定(1万円以上のご購入で送料無料など)

商品を1つ購入していただいて終わりでなく、関連商品の購入や、より高単価の上位商品への代替などを積極的に提案しましょう。一番簡単に実施できて、効果を発揮できるのは送料無料ラインの設定ではないでしょうか。

しかし販売先のECモールによっては送料無料ラインが平準化(楽天市場の場合には、3,980円以上で送料無料が推奨されています。)されているケースがありますのでご注意下さい。周り、同業のネットショップと比較して高すぎる送料無料ラインでは購入意欲を削いでしまう可能性もございます。

ネットショップ・ECサイトの運営に必要な業務|年間スケジュールは?

ここまで、ネットショップの立ち上げから日々の業務について解説させていただきました。 最後に年間を通して抑えておきたい業務を紹介します。

日々の売上改善への取り組みとは別に、上半期、下半期、1年単位で日々の業務・売上の振り返り、予算計画の策定を必ず行いましょう。毎日忙しく注文処理から、売上を伸ばすための施策に取り組んでいると、ついつい緊急性は高くないが、優先順位の高い業務に手を付けられなかったり、課題が山積みになってしまうこともあるでしょう。

定期的に立ち止まり、整理する時間を設けましょう。楽天市場やAmazonでは3ヶ月に1回程度、全体をあげて大きなセールが開催されます。そのセール(終了後)に合わせて行うというのもタイミングとして良いかも知れません。

ネットショップ・ECサイトの運営に求められるスキルとは?

ここからはネットショップの運営に求められる代表的なスキルをご紹介したいと思います。スキルといっても、元々そのスキルを持っている、高いレベルでできる必要がある、という意味ではありませんのでご安心下さい。運営をしていく中で身につけていけるもの、というニュアンスで受け止めていただいて大丈夫です。

最近はスキルを補足する便利なツールも揃っています、どうしても苦手なものはネットショップ運営の代行業者や、ランサーズなどのクラウドソーシングサービスも活用して上手く運用していきましょう。

<立ち上げる時に求められる>

コンセプト設計
要件定義
進捗管理
プライシング
Webサイトデザイン
Webサイトコーディング
ライティング
データ集計
データ管理

<毎日の業務で求められる>

コミュニケーション
正確性
定型化
スピード
タスク管理
リスク管理

<売上を伸ばすために求められる>

Webマーケティング
データ処理
データ分析
需要予測
生産管理
企画
商品開発
商品設計

まとめ

ネットショップの運営に必要な業務、スキルが多く、ご不安な思いを感じてしまってはいないでしょうか?一度にまとめて文章で読むと、多い印象を受けるかも知れません。実際には一つ、一つ、着実にこなしていけばよいのです。

ご不明な点やご質問のある方、より具体的に聞きたいことがある方はお気軽にお問い合わせ下さい。無料で質問を承っています。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる